冷え症(冷え性)と上手につきあう 温 the LIFE

新着記事

頭痛 ーわたしの不調は冷え症[冷え性]から?ー

頭痛 ーわたしの不調は冷え症[冷え性]から?ー

漢方でいう「頭痛」は、体内の「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」のいずれかの滞りによって、バランスの乱れから起こるものと考えられています。今回は、冷え症(冷え性)からくると考えられる頭痛と、その対処法をご紹介しましょう。

雨の日は注意して! 梅雨のときの冷え対策 -温グッズ-

雨の日は注意して! 梅雨のときの冷え対策 -温グッズ-

梅雨で雨が続いて気温が低下することを「梅雨冷え」というそうです。この時期は、晴れた日には蒸し暑く、雨が続くと寒くなる、という気温の変化が繰り返されます。この気温差のせいで、薄着のうえにうっかり雨にぬれてしまうと、体を冷やしてしまうことがあります。そこで、雨降りの日の冷え対策についてグッズを中心にご紹介しましょう。

眠れない ーわたしの不調は冷え症[冷え性]から?ー

眠れない ーわたしの不調は冷え症[冷え性]から?ー

私たちの体には、朝に目覚め、夜に眠るという睡眠リズムが備わっています。でも何らかの原因でこのリズムが狂ってしまい、「眠れない」状況が続いたりします。それが精神的に不安定になっている場合もあれば、冷え症(冷え性)から起きている場合もあります。

冷え症[冷え性]さんの漢方のはじめ方

冷え症[冷え性]さんの漢方のはじめ方

冷え症(冷え性)でお悩みの方のセルフケアとして大切なのは、食事や運動といった生活習慣の改善。病院に行くほどではないけれど、冷え症(冷え性)がつらいという方は、少しずつ生活習慣を見直しつつ、漢方薬を頼ってみるのもいいかもしれません。

冷え症[冷え性]対策には飲んで温める“自家製サプリ” -温フーズ-

冷え症[冷え性]対策には飲んで温める“自家製サプリ” -温フーズ-

サプリメントは、飲み忘れたり、飲みにくかったり、飲み続けるのは意外と大変…。毎日飲むなら、同じように体に良いもので、しかもおいしくとりたいものです。そこでおすすめなのが「飲み物サプリ」。自分の体に合った好みの飲み物を選んで、楽しく冷えを良くしていきましょう!

春は自律神経の乱れから体調を崩しやすい! -冷え症[冷え性]さんの四季折々-

春は自律神経の乱れから体調を崩しやすい! -冷え症[冷え性]さんの四季折々-

漢方では、季節に合った過ごし方を大切にします。春は緑が芽吹き、いろんなものが目覚めるとき。こんな気持ちの良い季節なのに、不調を感じることはありませんか? それは、人間の体も同様に、新陳代謝が活発になり、生まれ変わろうとするため、冬の間、体の中に潜んでいた悪い部分が表に出ようとするからなのです。

いつもキレイな人の温 the LIFE ~モデル 芦田桂子さんの温・食・美~ 第3回

いつもキレイな人の温 the LIFE ~モデル 芦田桂子さんの温・食・美~ 第3回

ファッションモデルとして活躍しながら、フェイシャルセラピストや漢方スタイリストとして活動をされている芦田桂子さんのライフスタイルをご紹介するシリーズ。最終回は、温・食・美のうち「美」や「若さ」にスポットを当て、芦田さんの美容に対する想いやナチュラルで潔い生き方についてご紹介します。

冷え症[冷え性]だけど先取りしたい! 気温の変化に負けない春コーデ -温グッズ-

冷え症[冷え性]だけど先取りしたい! 気温の変化に負けない春コーデ -温グッズ-

一日の寒暖差が大きい春は、日中は暖かくても朝晩は冷え込みます。日中の暖かさに油断し、薄着で出かけて帰り道で冷えてしまったという経験はありませんか? だからといって、着込むとボリュームが出てしまったり、全身が冬っぽい暗めのスタイルになったり…。春らしさに加えて、あたたかくなれるコーディネートを実践してみてください。

春の冷え症[冷え性]対策は、旬の食材たっぷりの簡単薬膳! -温フーズ-

春の冷え症[冷え性]対策は、旬の食材たっぷりの簡単薬膳! -温フーズ-

冷えない体を作るには、外から温めるだけでなく、食べ物の性質を知って、食生活に生かすことが大切です。年齢とともに代謝が落ち、熱を作り出す力も弱くなってくるので、より冷えやすくなってしまいます。今回は、旬の食材で作る“春の簡単薬膳”をご紹介しましょう!

いつもキレイな人の温 the LIFE ~モデル 芦田桂子さんの温・食・美~ 第2回

いつもキレイな人の温 the LIFE ~モデル 芦田桂子さんの温・食・美~ 第2回 漢方の知恵で、若さと美しさのための食べ方を

ファッションモデルとして活躍しながら、フェイシャルセラピストや漢方スタイリストとして活動をされている芦田桂子さんのライフスタイルをご紹介するシリーズ。第2回目は、温・食・美のうち「食」にスポットを当てています。季節感を大切にした食材の選び方やバランスのよい食べ方など、漢方の知恵で美しさと健康を保つ食べ方のヒントを伺いました。

寒い日はツボを押して、スイッチ温! 押さえておきたい5つのツボ -とっさに温めエクササイズ-

寒い日はツボを押して、スイッチ温! 押さえておきたい5つのツボ -とっさに温めエクササイズ-

「今日は寒いな、冷えそうだな」というとき、ツボを刺激して冷え予防をしてみませんか? 体がじんわりと温かくなるツボを知っておくと、冷える外出先で「知っておいてよかった!」と思うはず。今回のエクササイズは、押したり温めたりするツボ刺激。部分的に冷える方にもおすすめの5つのツボをご紹介します!

氷のように冷える足をなんとかしたい! 冷え取りグッズ5選! -温グッズ-

氷のように冷える足をなんとかしたい! 冷え取りグッズ5選! -温グッズ-

心臓から遠く、体の末端にある足は、もともと冷えやすい部位。「冬に足が冷たいのは仕方ないこと…」と放置をしていると、全身の血行不良に繋がり、不眠やむくみ、肌荒れなどの不調が出ることも。今回は、足の冷えとうまく付き合うための、改善グッズ&テクニックをご紹介します!

いつもキレイな人の温 the LIFE ~モデル 芦田桂子さんの温・食・美~ 第1回

いつもキレイな人の温 the LIFE ~モデル 芦田桂子さんの温・食・美~ 第1回 日々の暮らしに漢方エッセンス

ファッションモデルとして活躍しながら、フェイシャルセラピストや漢方スタイリストとして、キレイでいたいと願う女性のために日々活動をされている芦田桂子さん。内面からにじみ出る美しさとやさしい雰囲気は、その場にいる人をたちまち魅了してしまいます。プライベートでも漢方のエッセンスを取り入れ、心と体のバランスを保ったライフスタイルを大事しているそう。「温the LIFE」では、3回シリーズで芦田さんの魅力に迫ります。第1回目は、漢方との出会いについて伺いました。

筋肉量も家事クオリティもアップ! 「家事×筋トレ」のススメ! -とっさに温めエクササイズ-

筋肉量も家事クオリティもアップ! 「家事×筋トレ」のススメ! -とっさに温めエクササイズ-

毎日の家事で、筋肉を使うことを少し意識するだけで、効果的な筋トレに変わります。「家事×筋トレ」は、その場で体がポカポカするだけでなく、筋力が増えることで冷えにくい体をつくります。少しずつでも実践し、筋肉量と家事クオリティの同時アップをかなえましょう。ジムに通えない方、必見です!

スイーツはダメなの? 冷え症さんのおやつ選び -温フーズ-

スイーツはダメなの? 冷え症さんのおやつ選び -温フーズ-

スイーツ好きには、ちょっと残念なお話かもしれませんが、アイスクリームやケーキなどのデザートは、食べ方によっては体を冷やしてしまうことがあります。甘い物すべてが冷え症の方にNGというわけではありません。今回は上手にデザートを楽しむコツをご紹介します!

おいしく冷えを撃退! 冬に食べたいポカポカ食材! -温フーズ-

おいしく冷えを撃退! 冬に食べたいポカポカ食材! -温フーズ-

冷えたときのポカポカ食材といえば、ショウガ!ですが、それだけではありません。薬膳の考え方では、食材を大きく「体を温めるもの」「体を冷やすもの」「どちらでもないもの」の3つに分けています。冬が旬の“体を温める”食材を知り、おいしく冷えを撃退しましょう!

胃もたれ -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

胃もたれ -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

食べ物がいつまでもつまっているような感じ…。食べ物がいつまでも消化されず、胃にたまったままのときに起こる、胃が重い不快な状態を胃もたれといいます。食べ過ぎ、飲み過ぎ、消化不良など、原因はいくつも考えられますが、内臓の冷えから起こることもあるのです。

むくみ -冷え症[冷え性]と美容の関係-

むくみ -冷え症[冷え性]と美容の関係-

翌朝に顔が腫れぼったくなったり、夜になると足がパンパンになったりと、顔や手足がむくんでしまうことはありませんか? こうしたむくみは、睡眠不足、運動不足、水や塩分のとり過ぎなどで起こりやすくなりますが、体の冷えが原因になることもあるのです。

気持ちよくベッドから出るためのお目覚めエクササイズ -とっさに温めエクササイズ-

気持ちよくベッドから出るためのお目覚めエクササイズ -とっさに温めエクササイズ-

「寒くてベッドを出られない」季節がやってきました。人は眠っている間の体温が最も低いので、目覚めたてはよけいに寒さを感じるもの。そんなつらい朝は、布団の中でもできる簡単エクササイズがおすすめ。固くなった筋肉や関節に刺激を与えて全身を温め、気持ちよく体を目覚めさせましょう。

冷えでお悩みの方の漢方

冷えでお悩みの方の漢方

漢方薬は、体のはたらきをよくして、症状を改善することを目的としています。そのため、熱を作り出すはたらきや、全身に運ぶはたらきが悪くなって起こるとされる冷えの改善には、漢方薬が効果的。ここでは、冷えに効果のある漢方薬をご紹介します。

肌の乾燥 -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

肌の乾燥 -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

季節に関わらず、空気の乾燥は気になりますよね。乾いた空気の中では、肌の表面が乾燥しやすくなり、ときにはかゆみを伴うこともあります。肌の乾燥は、冷えと関係していることがあるため、肌の乾燥を防ぐ工夫とともに、冷え対策も重要です。

市販のカイロはもういらない!? 簡単&エコな即席カイロを作ろう! -温グッズ-

市販のカイロはもういらない!? 簡単&エコな即席カイロを作ろう! -温グッズ-

オフィスや自宅で冷えを感じたときに「今すぐカイロが欲しい…」と思うこと、ありませんか? ポカポカ美人は、身近にある素材でパパッと簡単&エコなお手製カイロを作ります。素材のなかには「こんなモノで?」という意外な日用品があったり…。もちろん温める場所にもこだわります。
※長時間使用による低温やけどにはご注意ください。

あなたはいくつ知ってる? 冷え取り上手のための入浴法! -温グッズ-

あなたはいくつ知ってる? 冷え取り上手のための入浴法! -温グッズ-

秋が深まり、冷え込みが本格化! 冷えた体には入浴が一番ですが、「時間がない」「ガス代がかかる」といった理由で、お風呂をパスしてシャワーだけですませていませんか? ぽかぽか美人は毎日のお風呂で作られます。その日の体調や時間をみながら、“入浴法”も使い分けましょう。
※高血圧や心臓に疾患のある方、持病のある方は、医師にご相談の上、行うようにしてください。

肌荒れ<乾燥> -冷え症[冷え性]と美容の関係-

肌荒れ<乾燥> -冷え症[冷え性]と美容の関係-

肌には体の内側の状態が表れるといわれています。肌荒れは女性にとって深刻な問題。肌が荒れていると、テンションが下がりますよね。そんな肌の不調は、冷え症とも深くかかわっています。

冷え知らず! ぽかぽか美人のマイボトルの中身は? -温フーズ-

冷え知らず! ぽかぽか美人のマイボトルの中身は? -温フーズ-

オフィスの中はもちろん、ちょっとした外出でもマイボトルを持ち歩く女性が増えています。空調の効いた室内や、空気が乾いた外出先で、さっと水分補給しながら、体を中から温めるのに役立つマイボトル。肌のくすみやカサカサとは無縁のぽかぽか美人は、普段は何を入れているのでしょう。冷え知らずのぽかぽか美人のマイボトルの中をのぞいてみましょう!

専門医に聞く 『冷え症と上手につきあい、美しく生きる』上田ゆき子先生

専門医に聞く 『冷え症と上手につきあい、美しく生きる』上田ゆき子先生

「冷えやすいのは仕方ない」「生理痛がつらいのはいつものこと」と、がまんして過ごしていませんか? 小さな不調は体のサイン。医師として多くの女性の悩みに向き合ってこられた上田先生に、“心身のバランスが崩れたところを見つけて整える”という「漢方の知恵」についてお聞きしました。つらかった「冷え症」を、美しく生きるために自分を見直すチャンスに変えられるかもしれません。

冷え症[冷え性]の真実!?

冷え症[冷え性]の真実!?

冷え症[冷え性]は女性に多い悩みのひとつ。成人女性の半数以上が悩んでいるともいわれています。では、なぜ男性より女性に冷え症[冷え性]が多いのでしょうか。

冷え症[冷え性]のメカニズム

冷え症[冷え性]のメカニズム

「冷え症」または「冷えている状態」は、体にいったいどのようなことが起こっているのでしょう。体温調節のしくみや、自律神経との関係がわかります。

冷え症[冷え性]チェック! わたしはどのタイプ?

冷え症[冷え性]チェック! わたしはどのタイプ?

同じ冷え症でも、冷えのタイプや症状はさまざまです。冷えている感覚が少しでもある方は、ご自身の感覚が、次のどのタイプにあてはまるかを確認してみてください。

むくみ ーわたしの不調は冷え症[冷え性]から?ー

むくみ ーわたしの不調は冷え症[冷え性]から?ー

むくみとは、水分を飲み過ぎた朝にまぶたが腫れる、夕方になると靴や指輪がきつくなるといった、顔や手足が腫れる状態です。

生理痛 -わたしの不調は冷え症[冷え性]から?ー

生理痛 -わたしの不調は冷え症[冷え性]から?ー

生理前、または生理中の痛みは「月経困難症」のひとつ。鎮痛薬を飲まなければ日常生活に支障をきたすほどの場合があります。

目の下のくま -冷え症[冷え性]と美容の関係-

目の下のくま -冷え症[冷え性]と美容の関係-

目の下のくまは、疲れて見えるだけでなく、老けた印象を与えてしまいます。くまの原因がわかれば、外からのスキンケアとともに、内からのケアの大切さがわかります。

顔色が悪い -冷え症[冷え性]と美容の関係-

顔色が悪い -冷え症[冷え性]と美容の関係-

目立ったトラブルはないけれど、「今日はなんだか顔色が暗く、くすんだように見える」と感じることはありませんか? 「肌は内臓の鏡」という言葉もあるほど、顔にもちょっとしたことが現れやすいのです。

寒いときこっそりストレッチ -とっさに温めエクササイズ-

寒いときこっそりストレッチ -とっさに温めエクササイズ-

オフィスで作業をしているとき、バスや電車を待っているとき、カフェで友達と話しているとき、「体が冷えている!」と感じることはありませんか?
そんなとき、その場ですぐに実践できる「温めストレッチ」をご紹介しましょう。

寝る前の体温めストレッチ -とっさに温めエクササイズ-

寝る前の体温めストレッチ -とっさに温めエクササイズ-

冷え症の方には、「手足が冷えて眠れない」という方もいらっしゃるでしょう。指先や足先の冷えは、眠りを妨げる原因にもなります。
ぐっすり眠るために、布団で寝ながら実践できる「温めストレッチ」をご紹介します。

冷え症、腰痛、荒れ性などに。ツムラのくすり湯 「バスハーブ」

冷え症、腰痛、荒れ性などに。ツムラのくすり湯 「バスハーブ」

~ 冷え症、肩こり、肌荒れに ~
「バスハーブ」は、有効成分100%生薬エキスの薬用入浴液です。6種の生薬の相互作用による温浴効果で疲労を回復し、リウマチ・腰痛・神経痛・肩こりなどの痛みをやわらげます。また、湯あがり肌もすべすべに。お湯にすぐに広がる液体タイプで、生薬独特の香りと自然な草色のお湯を心ゆくまで楽しめます。

冷え症や、更年期障害などを改善。ツムラの婦人薬 「中将湯」

冷え症や、更年期障害などを改善。ツムラの婦人薬 「中将湯」

~ のぼせ、不眠、イライラなどの更年期障害や冷え症に ~
「中将湯」は、婦人薬として用いられている生薬製剤。16種類の生薬から成り、月経や更年期に伴う頭痛、肩こり、腹痛、腰痛、冷え症、のぼせ、めまいなどの不快な症状を改善します。

冷え症や、更年期障害などに。ツムラの女性薬 「ラムールQ」

冷え症や、更年期障害などに。ツムラの女性薬 「ラムールQ」

~ ホルモンバランスの乱れによる冷え症、更年期障害に ~
「ラムールQ」は、女性特有の諸症状に用いられている「中将湯処方」に、鎮痛効果のあるエンゴサクやカノコソウを配合して抽出したエキスに、センナエキス、8種類のビタミンを配合した婦人薬です。更年期障害や冷え症に伴う疲労感、肩こり、イライラ、頭痛、頭重等の不快な症状を改善します。