漢方からみた夏の冷え症[冷え性] -わたしの不調は冷え症[冷え性]から?-

漢方からみた夏の冷え症[冷え性] -わたしの不調は冷え症[冷え性]から?-

冷え症(冷え性)さんにとって、夏の冷房は天敵です。長時間、エアコンの効いた部屋にいると、体が冷え過ぎてしまうだけでなく、暑い屋外とを出入りすることで、その温度差から自律神経のバランスが乱れ、体調を崩してしまうこともあります。今回は夏の冷え症(冷え性)とその対処法についてご紹介しましょう。

冷え症[冷え性]とは

「冷え症(冷え性)」には、自律神経による体温調節が深くかかわっています。体温調節のしくみがうまくはたらいていないと、体が冷えた状態になります。

体温調節は、脳の視床下部にある体温調節中枢が司令塔となり、熱の産生や放散を増減することで行われています。たとえばエアコンの冷たい風に長時間さらされた場合、体温中枢は自律神経に、皮膚の表面から熱を外に逃がさないようにする指令を送り、必要以上に体温を下げないようにします。このとき、皮膚の毛細血管を細くして、血流を減らすことで、皮膚表面からの熱の放散を少なくしているのです。

冷え性の女性のイラスト

とくに夏場は、冷房によって室温と外気との温度差が激しいものですが、屋外と屋内の行き来が多くなればなるほど、ひんぱんに熱の産生と放出とを繰り返さなければなりません。これにより、自律神経に負担がかかってバランスが崩れ、体温調節のしくみが正常にはたらかず、体の表面の毛細血管が過度に収縮し、血流量が必要以上に減少することがあります。これによって冷え症(冷え性)の人は、普通の人が寒いと感じない温度でも、手足や全身などに冷えを感じてしまうのです。

こちらの記事もチェック!
冷え症[冷え性]のメカニズム

冷え症[冷え性]をチェック!

同じ冷え症(冷え性)でも、冷え方や症状の出方はさまざまです。冷え症(冷え性)だと思う人、部分的に冷える感覚がある人は、次の5つの冷え症タイプを確認してみてください。


全身型

とにかく全身に冷えを感じる人は、「全身型」の冷え症(冷え性)。体の新陳代謝が低下して熱生産が低下するので、全身が冷えてしまいます。冷えだけでなく、食欲や気力も失われ、疲労感や倦怠感が生じます。


四肢末端型

手足に冷えを感じる人は、「四肢末端型」の冷え症(冷え性)。手足の先まで血液が循環しないことから、手足に冷えを感じるのです。とくに10代~20代女性に多く、普段の疲れや無理なダイエットが原因となっている可能性があります。


上熱下寒型

上半身がのぼせて、下半身が冷える人は、「上熱下寒型」の冷え症(冷え性)。体内のエネルギーや血液のめぐりが悪く、イライラ、頭痛、顔のほてり、肩こり、肌荒れのほか、月経トラブルや便秘が起こることもあります。


体感異常型

ストレスがかかると冷えを感じる人は、「体感異常型」の冷え症(冷え性)。ストレスなどにより自律神経のバランスが乱れている可能性があります。このほか、疲れているのに眠れない、集中力がなくイライラする、食欲不振、胃痛、息が吐きづらいなどの症状が見られます。


症候型

頭痛や腰痛、肩こり、アレルギーなどとともに冷えを感じる人は「症候型」の冷え症(冷え性)。頭痛や腰痛、肩こり、アレルギーなどの具体的な症状の裏に冷えがかかわっている可能性があります。

こちらの記事もチェック!
冷え症[冷え性]チェック! わたしはどのタイプ?

夏こそ冷えに要注意

7月の蒸し暑さで、すでにバテ気味の方もいらっしゃるかもしれません。日本は湿気が多いため、夏は過剰に汗をかいて、体力が消耗されやすくなります。暑さで食欲が落ちたり、体に必要な水分が奪われたりすると、体調を崩しやすくなるので、たとえ冷房が苦手でも適度な涼感は必要です

ただ、自分で温度を調整できない場合が問題です。電車やオフィス、スーパーマーケットも冷房が強く効いていますよね。「温The LIFE」では、一枚はおれるカーディガンや首に巻くストールといったさまざまな温活グッズを紹介してきました。夏の冷えやすい場面では、自分で体を冷やさないように心がけることが大切です。

冷え症[冷え性]に使われる漢方処方

冷え症(冷え性)におすすめの漢方処方をご紹介しましょう。これらは、三大婦人薬とも呼ばれています。

とくに手足が冷えるタイプに【四肢末端型】

漢方処方

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

効能・効果

体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの次の諸症:
月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り

こんな漢方薬です

「血(ケツ)」の不足を補い、流れをよくし、体内の余分な水分の偏りを改善することで体を温める漢方薬。やせ気味で体力のない人の足腰の冷え症(冷え性)などを改善します。

上半身は熱いが下半身が冷えるタイプに【上熱下寒型】

漢方処方

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

効能・効果

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症:
月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症注)、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ、湿疹・皮膚炎、にきび
注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。

こんな漢方薬です

上半身がのぼせて、下半身が冷える「冷えのぼせ」の方の生理痛や更年期障害を改善する漢方薬です。にきびや、しみをはじめ、湿疹・皮膚炎、しもやけなど、皮膚のトラブルにも用いられています。

ストレスで冷えるタイプに【体感異常型】

漢方処方

加味逍遙散(かみしょうようさん)

効能・効果

体力中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの次の諸症:
冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症注)、不眠症
注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。

こんな漢方薬です

ストレスで自律神経に影響が出て、血流が悪くなり冷えを感じる人におすすめ。悪くなった気の流れをよくして、のぼせや不安などがある人の冷え症(冷え性)を改善します。また、ストレスによる心身の不調にも使われます。

夏の冷え症[冷え性]の養生訓

胃腸機能の低下には「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」

夏は冷たいものを飲んだり食べたりすることで、胃の機能が低下しやすくなります。この暑さで、冷えている感じはしないけれど、なんとなく、おなかの調子が良くないことはありませんか? そんなときは、みぞおちのところを触ってみてください。胃のあたりが冷たい場合は、内臓が冷えて胃腸の機能が弱っているのかもしれません。

冷え性の女性

胃腸の機能が弱っているときにおすすめの漢方薬は、「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」です。「補中益気湯」の「中」は胃腸を指し、「益気」には「気」を増すという意味があります。胃腸の消化・吸収機能を整えて「気」を生み出し、病気に対する抵抗力を高める薬です。元気を補う漢方薬の代表的処方です。

体を知るために不可欠な要素「気(き)・血(けつ)・水(すい)」については、こちらの「冷え症[冷え性]さんの漢方のはじめ方」をご覧ください。

また、内臓の冷えには、体の芯まで温まる入浴が効果的。暑いときはシャワーで済ませてしまうという人でも、半身浴でいいので、おなかを温める入浴をしてみましょう。また、冷たい飲み物ではなく、白湯やお茶などの温かい飲み物をとると、血行が良くなり、体の内側だけでなく、手足まで温かくなります。


こちらの記事もチェック!
お風呂で体を温める! 冷え取り上手のための入浴法! -温活グッズ-

夏でも冷えない体づくりで、夏バテ対策も!

夏の暑さで外出する機会が減ると、運動量が少なくなり、筋力が低下します。筋肉量が少なくなると、体の熱を作り出す力も弱くなり、冷えやすくなります。冷房の風がやけに冷たい、手足だけが冷えるという方は、筋肉の70%が集まるといわれる下半身を中心に鍛えれば、筋肉量の減少を防げます。

「温 the LIFE」で、これまで紹介したエクササイズに挑戦し、脂肪を燃焼させるとともに、筋肉をつけて熱の産生量を増やし、冷えにくい体をつくりましょう。


こちらの記事もチェック!
筋肉をつけて、冷えにくい体をつくる! -いつでも温めエクササイズ-


また、毎日の家事で筋肉を使うことを少し意識するだけで、効果的な筋トレに変わります。大きく腕を使った雑巾がけ、スクワットしながら洗濯物干し、しゃがんでひねるお風呂掃除など、筋肉量と家事クオリティを同時にアップしましょう。


こちらの記事もチェック!
筋肉量も家事クオリティもアップ! 「家事×筋トレ」のススメ! -いつでも温めエクササイズ-


オフィスで作業をしているとき、バスや電車を待っているとき、カフェで友達と話しているとき、その場ですぐに実践できる「座ったままひざの上げ下げ」「かかとの上げ下げ」など筋肉ストレッチも効果的です。


こちらの記事もチェック!
ストレッチ運動で冷え改善 -いつでも温めエクササイズ-

冷え症[冷え性]におすすめの食べ物

旬の食べ物は、その季節に起こりやすい不調を防ぐといわれており、夏なら「夏バテ」を防ぐものが多くなっています。

冷え症(冷え性)さんのなかには、体を冷やす食べ物を避ける人もいるかもしれませんが、漢方の考え方では、体内に熱をこもりにくくするためには、旬の食べ物を適度に摂りながら、体を暑さに慣らしていくのも季節に合った食養生としておすすめです。

おすすめの食べ物

夏の冷え症(冷え性)に負けない体をつくるには、バランスの良い食事を心がけることが大切です。バランスの良い食事とは、適正なエネルギー量で、体に必要な栄養素を十分に摂取できる食事のことです。献立を主菜1品+副菜1~2品、または主菜1品+副菜1品+汁物1品にすると、自然に栄養のバランスがとりやすくなるんですよ。外食するときも、コンビニでお弁当を買うときも、この献立ルールをできるだけ意識してみてください。

こちらの記事もチェック!
冷えに負けない食生活の心得! 外食や中食のときのポイント -温活フーズ-

冷え症(冷え性)によいとされる食材

ショウガ、ニンニク、タマネギ、赤身肉など