冷え症(冷え性)と上手につきあう 温 the LIFE

むくみ ーわたしの不調は冷え症[冷え性]から?ー

むくみ ーわたしの不調は冷え症[冷え性]から?ー

むくみとは、水分を飲み過ぎた朝にまぶたが腫れる、夕方になると靴や指輪がきつくなるといった、顔や手足が腫れる状態です。

むくみとは

漢方の考え方では、むくみは体内の水分が滞り、めぐりが悪くなっている「水毒」の状態だと考えられます。冷え症の場合は、滞った水分が冷え、それがさらに体を冷やすという悪循環が起こっています。めぐりが悪く、余分な水分がたまってしまうため、偏った水分がむくみとして現れます。また、むくみとともに、「体が重い」「手足が重だるい」「めまい」「頭痛」「疲れが取れない」などの症状を伴うことがあります。

むくみ イメージイラスト

むくみにおすすめの漢方処方

冷えからくるむくみには、水分のめぐりを良くして、冷えを取り除く漢方処方を用います。

体力がなく、下半身がむくんで冷えやすい場合

漢方処方

血のめぐりを改善する「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」がおすすめ。

下半身にとくにむくみがある場合

漢方処方

下半身の冷えを改善し、むくみをやわらげる「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」がおすすめ。

むくみにおすすめの食べ物

冷えからくるむくみの改善には、利尿作用のある食材をとり入れ、体にたまっている水分の排出を促すことが基本です。利尿作用のある食材のなかでも、体を冷やしにくいものを選びましょう。

利尿作用のある主な食材

小豆 トウモロコシ アボカド 納豆 ゴボウ バナナ

トウモロコシと納豆 イメージイラスト

利尿作用のある主な飲み物

緑茶 豆乳

豆乳と緑茶 イメージイラスト