わたしの悩み

冷えからくる胃もたれ、胃の不調とおすすめの漢方薬

冷えからくる胃もたれ、胃の不調とおすすめの漢方薬

食後に胃が重くて不快感を覚える状態を胃もたれといいます。食べ過ぎ、飲み過ぎ、消化不良など、胃もたれの原因はいくつも考えられますが、胃の不調は内臓の冷えから起こることがあるのをご存知でしょうか。

即効で解決したい! むくみのときのセルフケア

即効で解決したい! むくみのときのセルフケア

「お酒を飲み過ぎた翌朝、顔のむくみがひどい」「立ち仕事で就業後は、いつも足がパンパン」「夕方になると手がむくんで、指輪がきつい」など、むくみが原因で困った経験はありませんか? 「温theLIFE」では、こうしたお悩みにお応えするべく、生活習慣や食生活の見直しをご紹介してきました。ここでは、むくみに困ったとき、すぐ試せるむくみの改善方法をまとめてご紹介します。

かぜの養生法とおすすめの漢方薬

かぜの養生法とおすすめの漢方薬

「寒い所で体が冷えてしまい、翌日かぜをひいた」なんていうことはよくありますよね。漢方では、体が冷えると、病気に対する抵抗力が落ちていると考えます。そこで、普段から「かぜをひきやすい」という冷え症(冷え性)さんに、かぜの予防法と対処法をご紹介します。

生理痛[月経痛]などの月経困難症におすすめの漢方薬

生理痛[月経痛]などの月経困難症におすすめの漢方薬

生理のときに生じる痛みや、それに伴う不調は、女性なら誰でも経験があることでしょう。なかには日常生活に支障をきたすほどの症状に悩まされる人もいます。今回は生理痛(月経痛)の原因と改善方法をご紹介します。

不眠・不眠症の原因とおすすめの漢方薬

不眠・不眠症の原因とおすすめの漢方薬

私たちの体には、朝に目覚め、夜に眠るという睡眠リズムが備わっています。しかし、何らかの原因でこのリズムが狂ってしまうと、「眠れない」状態が続くことがあります。それが精神的に不安定になっている場合もあれば、冷え症(冷え性)から起きている場合もあります。

ダイエットの前に知ってほしいこと

ダイエットの前に知ってほしいこと

ダイエットに取り組んでも、なかなか成功しない・・・と悩む女性は多いですよね。そこで、ダイエットの前に知って欲しいのが、「どうして肥満が起こるのか」ということ。太りやすさは「とり過ぎるタイプ」と「溜め込むタイプ」など人によって違います。そのため、それぞれの体質に合った「肥満」の改善方法を知ることで、すっきりとした健康的な体型を目指しましょう。

漢方から考えるむくみの原因と改善方法!

漢方から考えるむくみの原因と改善方法!

むくみ(浮腫)とは、痛みや赤みを伴うわけではないのに、顔や手足が腫れているような状態をいいます。水分をとり過ぎた翌朝にまぶたが腫れる、アルコールを飲んだ朝に顔がパンパンに腫れる、夕方になると靴や指輪がきつく感じる、ふくらはぎが張った感覚があるなど、むくみの現れ方は人によってさまざまです。

冷え症[冷え性]の原因・症状・改善

冷え症[冷え性]の原因・症状・改善

冬は当然冷え症(冷え性)がつらい季節ですが、実は夏も冷房や冷たい飲食物などで、体は冷えやすく、体調も崩しやすい季節です。今回は一年を通して冷えの原因と症状、その改善方法について、まとめてみました。

体重増加の原因は水分かも! むくみによる水太りの解消方法

体重増加の原因は水分かも! むくみによる水太りの解消方法

新型コロナウイルス感染症の影響で外出自粛が続き、「コロナ太り」という言葉も生まれるほど、体重を気にするようになったという方が多いようです。「温 the LIFE」では、たびたびプチ筋トレやストレッチなどご紹介していますが、今回は、むくみと体重増加の関係についてご紹介します。

冷えからくるむくみの改善策 -わたしの不調は冷え症[冷え性]から?-

冷えからくるむくみの改善策 -わたしの不調は冷え症[冷え性]から?-

「水を飲み過ぎた翌朝にまぶたが腫れた」「夕方になると靴や指輪がきつく感じる」という経験はありませんか? 痛みなどを感じるわけではないのに、顔や手足などが腫れているような状態を「むくみ(浮腫)」といいます。むくみは、立ちっぱなし、座りっぱなしといった同じ体勢が長く続いたときなどに起こりがちですが、アルコールを飲んだ翌朝に、むくみを生じる人もいるようです。

めまい -わたしの不調は冷え症[冷え性]から?-

めまい -わたしの不調は冷え症[冷え性]から?-

「めまい」は、周囲がグルグル回るような感じがするもの、体がふらつくようなもの、立ち上がったときにクラッとするものなど、さまざまなタイプがあります。漢方でいうめまいは、主に「水(すい)」が体に滞った「水滞(すいたい)」と考えられていますが、ほかにも原因はいくつかあります。体の冷えとも関連の深い「めまい」について見ていきましょう。

便秘 -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

便秘 -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

新型コロナウイルス感染症の影響で外出自粛が続くなか、とくに運動不足を気にする方が増えています。十分に体を動かすことができず、血行不良になると、これが「便秘」にも関係することをご存知ですか? 以前から便秘がちで、とくに「最近になって、便秘がひどくなった」という方、その悩みは冷え症(冷え性)からきているかもしれません。

ストレス -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

ストレス -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

ストレスと冷え症(冷え性)とは深い関係があるのをご存知ですか? 冷えている手足を温めることも大切ですが、ご自分の冷えのタイプをチェックしてみてください。その冷えはストレスからきているかもしれません。

しみ -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

しみ -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

温かい日差しの季節になると、しみが気になる方にとっては、UV対策や肌のお手入れが必要になります。とくに、寒さが増してからしみが目立つようになったという方は、もしかしたら冷えによる血行不良が原因かもしれません。冷え症(冷え性)との関係から見たしみ改善についてご紹介しましょう。

頭痛 -わたしの不調は冷え症[冷え性]から?-

頭痛 -わたしの不調は冷え症[冷え性]から?-

漢方でいう「頭痛」は、体内の「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」のいずれかの滞りによって、バランスの乱れから起こるものと考えられています。今回は、冷え症(冷え性)からくると考えられる頭痛と、その対処法をご紹介しましょう。

肌の乾燥 -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

肌の乾燥 -わたしの悩みは冷え症[冷え性]から-

季節に関わらず、空気の乾燥は気になりますよね。乾いた空気の中では、肌の表面が乾燥しやすくなり、ときにはかゆみを伴うこともあります。肌の乾燥は、冷えと関係していることがあるため、肌の乾燥を防ぐ工夫とともに、冷え対策も重要です。