冷え症(冷え性)と上手につきあう 温 the LIFE

冷えでお悩みの方の漢方

冷えでお悩みの方の漢方

漢方薬は、体のはたらきをよくして、症状を改善することを目的としています。そのため、熱を作り出すはたらきや、全身に運ぶはたらきが悪くなって起こるとされる冷えの改善には、漢方薬が効果的。ここでは、冷えやその諸症状に効果のある漢方薬をご紹介します。

気血水について

漢方医学では、冷えについて「気血水(きけつすい)」という概念を使って説明します。
気(き):体をめぐっているエネルギーを表します。気が十分に足りない「気虚(ききょ)」という状態と気が体をうまくめぐっていない「気滞(きたい)」という状態、気が逆流して上半身に集まっている「気逆(きぎゃく)」という状態の3種類があります。
血(けつ):血液や血液によって運ばれる栄養素、熱を表します。血が十分に足りない「血虚(けっきょ)」という状態と、血が体をうまくめぐっていない「瘀血(おけつ)」という状態の2種類があります。
水(すい):無色透明の液体のこと。水が体をうまくめぐっていない「水毒(すいどく)」という状態があります。
気と血は体を温める性質があり、水は体から熱を奪う性質があります。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

体力がなく、青白い顔をしている。疲れやすく、下腹部が重たい感じがする――。そんな人の冷えには、「当帰芍薬散」がおすすめです。 全身に熱を運んでいるのは「血」です。この血が不足したり滞ったりすることで、全身に熱が行きわたらなくなります。また、熱を奪う性質のある「水」が、体内で滞り、めぐりが悪くなっている状態では、水分が滞っているところに冷えとむくみが生じます。また、体力がなかったり筋肉量が少なかったりする人は、もともと熱を生み出す力が弱いと考えられます。そのため、冷えの症状が出てしまうのです。
こうした血の不足を補い、流れをよくし、体内の余分な水分の偏りを改善することで体を温めるのが「当帰芍薬散」。やせ気味で体力のない人の足腰の冷えなどを改善します。

「血」の不足や滞りで熱が行きわたらなくなる イメージイラスト

【効能・効果】

体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

肩こりやめまいがあり、上半身は暑く、顔はのぼせるけど、下半身が冷える――。そんな人には、「桂枝茯苓丸」がおすすめです。
漢方では、のぼせと冷えが同時に起こるのは、「血」の流れが滞ることが原因と考えます。血の流れが滞ると、体内で熱が偏り、全身に行きわたらなくなります。こもった熱は上へのぼる性質があるので、上半身がのぼせて下半身が冷えるといった「冷えのぼせ」の症状が現れるのです。「桂枝茯苓丸」は、このような冷えのぼせのある人におすすめです。

「血」の流れが滞り熱が上半身にこもる イメージイラスト

【効能・効果】

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症: 月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症注)、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ、湿疹・皮膚炎、にきび
注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

自律神経の乱れにより、のぼせて汗をかき、体は冷たくないけど、冷える感覚がある。イライラや不安があって、眠れないこともある。さまざまな症状が移り変わるように現れる――。そんな人の冷えには、「加味逍遥散」がおすすめです。
のぼせがあり、実際に体に触れても冷えていないのに、本人は冷えを感じている、というのは、漢方では、「気」の流れが悪くなり、血や水まで影響を及ぼすためと考えます。また、イライラや不安といった精神的な症状は、「気」の流れに異常が生じることで起こると考えます。気とはいわばエネルギーのこと。この流れに異常があると、熱が体内で偏ってしまいます。偏った熱は上のほうへのぼり、イライラや不安、ほてりなどの症状を引き起こします。反対に、熱が不足した下半身には、冷えが生じるのです。「加味逍遥散」は、悪くなった気の流れをよくして、のぼせや不安などがある人の冷えを改善します。

「気」の流れの異常により熱が体内で偏る イメージイラスト

【効能・効果】

体力中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの次の諸症:冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症注)、不眠症
注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。