スイーツはダメなの? 冷え症さんのおやつ選び -温活フーズ-

スイーツはダメなの? 冷え症さんのおやつ選び -温活フーズ-

スイーツ好きには、ちょっと残念なお話かもしれませんが、アイスクリームやケーキなどのデザートは、食べ方によっては体を冷やしてしまうことがあります。甘い物すべてが冷え症の方にNGというわけではありません。今回は上手にデザートを楽しむコツをご紹介します!

冷えにつながりやすいのは、白砂糖を多く使っているスイーツです。白砂糖や、白砂糖にカラメル色素をつけた三温糖は、どちらも体を冷やす食材に含まれます。反対に、体をあたためるのは黒砂糖、どちらでもないのがハチミツ。スイーツとして選ぶなら、甘味料に黒砂糖やハチミツを使ったお菓子を、意識して選んでみるとよいでしょう。

黒砂糖、ハチミツ

冷たいスイーツの食べ方も注意が必要です。アイスクリーム、ムース、チーズケーキなど洋菓子は冷めたくておいしいものですが、この冷たさが内側から体を冷やしてしまうこともあります。それでも、ストレス解消や気分転換にスイーツは絶対欠かせないという人もいるでしょう。そんなときは、なるべく食後にお好きなスイーツを少量だけ食べるようにしてください。

マンゴーなどの南国産のフルーツ

また、ビタミンたっぷりのフルーツの食べ方にも気をつけましょう。パパイヤやマンゴーなどの南国産のフルーツは、とくに体を冷やす食材なので要注意です。多くのフルーツは冷やしたほうがおいしいのですが、そこはぐっとがまんして、食べる少し前に冷蔵庫の外に出しておき、できるだけ常温に近い状態で、旬のものを楽しむ程度にとどめておくようにしましょう。同じフルーツでもドライフルーツは体を冷やしにくいだけでなく、市販のお菓子よりも栄養素が充実しています。普段からストックしておいて、甘いものが食べたくなったと思ったときの、ちょっとしたおやつとしておすすめです。