足先が冷えて眠れないときの体温めストレッチ -とっさに温めエクササイズ-

足先が冷えて眠れないときの体温めストレッチ -とっさに温めエクササイズ-

冷え症[冷え性]の方の中には、「足の指先が氷のように冷えてしまう」という方もいらっしゃるでしょう。手先や足先の冷えは、眠りを妨げる原因にもなります。ぐっすり眠るために、お布団に入ってから実践できる、足先の温めストレッチをご紹介します。

足先の冷えをなくして、心身ともにリラックス

冷えの原因は人によってさまざま。足だけが冷える人もいます。まずは、あなたの冷えのタイプをチェックしてみましょう。あなたの冷えはどのタイプ?

冷え症[冷え性]チェック! わたしはどのタイプ?

  • 全身が冷えるタイプ「全身型」
  • 手足が冷えるタイプ「四肢末端型」
  • 上半身は熱いが下半身が冷えるタイプ「上熱下寒型」
  • ストレスで冷えるタイプ「体感異常型」
  • 各部位の症状に冷えがかかわるタイプ「症候型」

冷えたときにできる筋肉ストレッチ

冷え症[冷え性]の人は、じっとしている時間が続くと、筋肉がこわばり、手足の末端まで血液が届きにくくなります。座ったままの仕事中でも、身動きできない電車の中でも、ストレッチはできます。こわばった筋肉を伸ばすと、筋肉がポンプの役割となって、体の末端まで血流を促し、血行不良により冷えていた手足が温まります。

<足をあげてめぐりを良くする>

天井に向かって足先グーパーストレッチ

足を天井に向けることで、心臓へ戻る血液の流れを活発にします。真上に足をゆっくりあげ、上体はリラックスしたまま足先グーパー。パーのときは指を一本ずつ離すように広げるのがポイントです。

天井に向かって足先グーパーストレッチ イメージイラスト

<下半身の筋肉をほぐす>

足クロス腰ひねりストレッチ

腰回りの筋肉や椎間板をゆるめて、血流を促進します。足をクロスさせてひねりましょう。片方の足を重りにして、腰部とおしりをストレッチします。体が温まるだけでなく、筋肉がほぐれてリラックスできます。

足クロス腰ひねりストレッチ イメージイラスト

<今すぐ手足を温めたい>

指先グーパーストレッチ

布団に入って「今すぐ手足を温めたい」という場合には、寝たまま手足の指をグーパーします。まずは手の指からゆっくりと始めましょう。グーをするときは親指を中に入れて握りしめ、パーのときは指が反るくらい大きく開きます。次に足の指もグーパーするイメージで、ゆっくりと動かしてみましょう。

指先グーパーストレッチ イメージイラスト